スマホのセキュリティの基礎知識

これまでの携帯電話と違い、スマホは小さなパソコンを持ち歩いていると言えます。携帯電話ではあまり気にすることの無かったウィルス等に対するセキュリティをしっかり認識する必要が
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホのウィルス対策

パソコンを使っている人であれば、ウィルスソフトを導入していない方は極少数と言えるでしょう。
しかしスマートフォン(スマホ)に関してはまだまだウィルスソフトへの関心度が低いと言えます。
これまでの携帯電話ではこれといったマルウェアの脅威もなく、スパイウェア、フィッシング、ウィルスメールなどといったことに気をつける必要はほとんどありませんでした。
そういったユーザーがそのままスマホユーザになっていることが危険を増長させてしまっています。
スマホはこれまでの携帯電話とは全く異なるものであり、ある意味小さな手のひらサイズのパソコンを持ち歩いていると言っても良いでしょう。
OSがオープンソースである分、多種多様なアプリが提供されそれぞれが自分のスマホをカスタマイズすることが可能であり、それがスマホの魅力でもあります。
しかし、オープンソースであるがゆえに悪意あるソフトを開発する輩もいるというのが現実なのです。
スマホには電話番号といった個人情報だけではなく、通話履歴、メール履歴、オサイフケータイといった様々な情報がたくさん詰まっています。
特に仕事で利用しているビジネスマンのスマホには会社にとって重要な情報も入っている場合もあるでしょう。
これまでの携帯電話と同じセキュリティ意識でいることはとても危険です。
パソコン同様にセキュリティソフトメーカーはスマホ用のセキュリティソフトを販売しています。
もちろん有料となりますが、安心には代えられないでしょう。
また無料で提供されているソフトも色々とありますので、無防備な状態でいることは絶対に避けるようにしましょう。
Copyright (C)2017スマホのセキュリティの基礎知識.All rights reserved.