スマホのセキュリティの基礎知識

パソコンでは使い古された手法と言えるフィッシングサイトによる詐欺ですが、スマホでの被害が増えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィッシングサイトの脅威

フィッシングサイトによる詐欺と言うと、パソコンでのWEBサイト閲覧での被害というイメージが強いかもしれませんが、スマートフォン(スマホ)での被害が増えています。
PCでの詐欺としてフィッシングサイトは既に使い古された過去の手法と考える人も多いかもしれませんが、スマホの急速な普及に伴い、スマホでの閲覧をターゲットに据えたフィッシングサイトが横行しているのです。
フィッシングサイト詐欺というのは簡単に言うと、実在するサイトとそっくりに作られた偽物のサイトに誘導して、クレジットカード情報などを盗み取る行為です。
ロゴマークやサイトの作りなど、すべて本物そっくりに作られているのでパッと見ただけでは偽物とはわかりません。
そこでログインIDやパスワードを入力させて情報を盗むのです。
銀行の偽サイトを使って様々な情報を盗むことによって、これまでも多くの金銭的な被害が発生してきました。
パソコンの場合にはかなり高度なセキュリティ機能が備わりフィッシングサイトを自動的に遮断したり、警告してくれたりしてくれるため被害は少なくなっています。
しかしスマホの場合はこれまでのパソコン以上に騙されやすいと言われています。
一つにはパソコンと違い画面が小さいためアドレスバーが見にくいという点があります。
パソコンであれば気が付くであろう、アドレスの違いをスマホでは気がつかないケースが多いのです。
また、これまで携帯電話をメインにしてWEBサイトを閲覧していた人は、フィッシングサイトなどへの脅威に疎いという側面もあります。
スマホは携帯するPCとも言えるものであり、これまでの携帯電話とは違う危険があることを十分認識して利用することが重要です。
Copyright (C)2017スマホのセキュリティの基礎知識.All rights reserved.