スマホのセキュリティの基礎知識

携帯電話にはSIMカードと言うICカードが挿入されており、他社の携帯電話で使用することはできません。今後SIMロックが解除される可能性があり、その際にはセキュリティの問題が起こると
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMカードとロックとは

普段何気なく使っている携帯電話の内部には「SIMカード」というICカードが入っています。
SIMカードには電話番号や契約者情報などが記録されており、SIMカードを挿入しなければ使用することはできません。
日本の携帯電話がガラパゴス携帯と呼ばれ、独自の進化をしてきたことにはこのSIMカードも深く関係しています。
欧米では携帯電話とSIMカードは別物であり、SIMのみを購入することも可能です。
購入したSIMを別なお店で購入した携帯電話に挿入することで使用することも可能です。
しかし日本では基本的に、同じキャリアの電話でなければSIMカードを交換するようなことはできません。
日本での携帯電話の販売は各キャリアが販売店に多額のインセンティブを支払い、販売店は「0円携帯」など、販売額を引き下げて販売するという独特の手法がとられています。
携帯キャリアはある程度の期間で通信料から利益を上げなければならないため、SIMカードにロックをかけ、他の携帯電話では使用できないようにしているのです。
FOMAを使っている人が、別なFOMAに自分のSIMカードを挿入すれば自分の電話機として使うことができますが、ソフトバンクの携帯電話に挿入しても使えないのです。
しかし一見、不便と感じる半面この「SIMロック」は、セキュリティの保持という意味では非常に有効なものであると言えるのです。
またこの「SIMロック」という特殊事情はセキュリティの高さに貢献する反面、ガラパゴス化の原因でもありました。
総務省がSIMロックに対する解除要請をしているため、今後SIMフリー化されていくと考えられています。
しかし、このSIMロック解除はスマホの普及とあいまってセキュリティの問題を浮き彫りにしていくと考えられています。
Copyright (C)2017スマホのセキュリティの基礎知識.All rights reserved.