スマホのセキュリティの基礎知識

スマートフォンは電池の持ちが悪いというのが悩みの種です。しかし、ちょっとした工夫をすることでバッテリーを長持ちさせることが可能です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホのバッテリー長持ち作戦

スマートフォン(スマホ)ユーザーにとって大きな悩みの種の一つが「バッテリーの持ちが悪い」ということではないでしょうか。
スマホはこれまでの携帯電話と比較して、様々な機能が掲載されていますが、その分どうしてもバッテリーの消費が激しくなってしまいます。
そこで、誰でもできるバッテリー長持ち作戦の裏ワザをご紹介します。
スマホは画面が大きい分その明るさの設定によって電池の消費が違ってきます。
大抵は明るさ設定が自動になっている場合が多いようですので、見えにくくならない程度に暗めに設定することで電池消費を節約できます。
スマホの便利な機能の一つとして「画面自動回転」があります。
本体の向きを変えると自動的に画面も回転してくれる機能です。
この機能をオフにするだけでも多少の電池節約になります。
次に、インストールしてあるアプリを自動的にアップデートしてくれる機能があります。
これは11:17ですが、多くのアプリがインストールされていて、気がつかない内にバックグラウンドでアップデートされていると消費される電池は非常に大きなものとなってしまいます。
まだまだ余力があったはずなのに、ポケットから出したら電池がないということになってしまう可能性もあるのです。
そういったことを回避するためにも、アプリのアップデートは手動更新に設定し、更新を行う際は、いつでも充電できる時に行うようにすると良いでしょう。
小さな節電かもしれませんが、塵も積もれば山となるという言葉の通り、ちょっとした節約を続けることでバッテリーを長持ちさせることができます。
Copyright (C)2017スマホのセキュリティの基礎知識.All rights reserved.